忍者ブログ


明大教員でメディアサイエンスが専攻の福地健太郎氏が18年度入学の(おそらく明大同学科の)学生に「クソゲー」の意味をアンケート調査。

回答人数は249名
1位「完成度の低さ」
2位「ボタンを押すだけで面白みがない」
3位「シナリオ・設定の破綻」

以下
「ガチャの確率が低い」
「高難易度」
「グラフィックの品質が低い」
「憶えゲー」



これが世論とするには対象が限定的でサンプルも少ないですが非常に興味深いアンケ。
やはり「愛すべき隙の多いゲーム」という意味より「単にダメなもの」に捉えられている模様。

2位の「ボタンを押すだけ」ってゲームは全部そうじゃないかと思ったりしますが、彼らが幼少の頃はWii/DSの全盛期で体感ゲームの走りと任天堂の啓蒙が響いている印象。
4位のガチャの確立も世代を感じさせます。

また体感操作を重視する「1-2Switch」「ARMS」やPS4のタッチパッド、PSVRが空前のブレイクを果たしているかと言えば難しい所だったりします。

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
別にボタン押すだけで面白いゲームもあるし
覚えゲーも悪いことじゃない
NONAME| | 2018/06/18(Mon)06:47:40| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]